ATMを利用してお金を借りる

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンで契約を完了し、実際にお金を借りる時にはどのような方法があるのでしょうか。お金を借りる時には、キャッシングやカードローンでは発行されたカードを利用してATMから借り入れる方法があります。

 

消費者金融では直営のATMがありますし、銀行も店舗などのATMが利用できますね。さらに提携しているコンビニのATMを利用した借り入れ方法も選べるでしょう。コンビニATMのような提携ATMでは、借り入れするときに利用手数料がかかることもあります。銀行カードローンの中には、借り入れ専用カードが発行されず口座のキャッシュカードでそのまま借り入れできるものもあります。

 

さらに、カード自体が全く発行されない金融商品も見つかるのではないでしょうか。カードが発行されないローン商品は、インターネットによる借り入れを利用することになります。ウェブサイトの会員ページなどからキャッシングを申し込むと、すぐに自分の銀行口座に振り込まれるというキャッシング方法です。

 

カードを発行するローン商品でも、振り込みによるキャッシングを利用できるものもあります。振り込みキャッシングは引き落としの残高不足を補うという方法もできますが、口座からATMで引き出すこともできます。

 

借り入れ方法が多いローン商品のほうが、急にお金が必要な時に対応しやすく便利ではあります。しかし自分が利用する予定の借り入れ方法が決まっているのであれば、借り入れ専用カードでATMからキャッシングする方法のみのものでも全く問題なく利用できるでしょう。