お金を一万円だけ借りたい時にはどうすればよい?

一万円だけお金を借りるなら、友達に頼んでもよいかなと思うものです。さほど大きな金額でもないことから、誰かに頼みやすいものですがそれが失敗の元となるかもしれないのです。

 

さほど大きな金額ではないということは、どうしても返し忘れに繋がりやすくなります。また、貸した方も「忘れているかもしれないけれど、なんとなく言いにくい。」という金額であることも実は難しいところではないでしょうか。

 

一万円をキャッシングした場合の利息はいくらぐらいとなるのでしょうか。消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードで多く見られる年利18%で計算してみましょう。

 

利息の計算方法は、借り入れたお金×18%÷365(366)日×利用した日数です。この場合30日間利用したなら、10、000×0.18÷365×30=147.95…となります。小数点以下を切り捨てると利息は147円、この金額を払わないようにするために友情を失ってしまうことになったらと考えると、一万円必要な時の解決方法は自然と決まってきそうですよね。

 

もちろん、30日間で返済するのではなくお金が自分に入ってきたらその時に返してしまうという方法ができるキャッシングもたくさんあります。1日ごとに利息を計算することになるわけですから、もっと少ない利息で解決できる場合もあるのです。

 

このように随時返済に手数料がかからず、ATMの利用料もかからないキャッシングやカードローンを選んでおき、利息のみの負担でお金の不安を解消できるようにしておくと気分も全然違います。