審査時間が短く、即日融資も可能な消費者金融

今すぐお金が必要なとき、慌ててしまう気持ちはわかります。少額であればあるほどに、何とかなるのではないかという思いもあり、先延ばしにしているうちに、いよいよということはあるものです。

 

急ぎで借り入れが必要なときには、銀行カードローンではなく、消費者金融を利用しましょう!

 

銀行カードローンには銀行カードローンの良さがありますが、消費者金融にはスピードとサービスの充実があります。金利が高いと思われるかもしれませんが、少額のキャッシングでは利息の心配はありません。

 

今すぐお金を借りたいとき、審査時間が短く即日融資の可能性が高い消費者金融が安心です。

 

プロミス
最短1時間 インターネット申し込みでも当日中に契約が可能です。審査結果が早くわかるインターネット申し込みを使うと、その後の契約方法はインターネットと自動契約機や店頭窓口の来店から選ぶことができます。30日間無利息もあり、返済にも利用手数料無料の方法が用意されているため、余計な費用を掛けずにキャッシングが出来ます。

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

実質年率 限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円

モビット
モビット 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座があること、そして組合員保険証か社会保険証があること、この二つの条件がクリアできればモビットのWEB完結が利用できます。審査時間が早くなっていますが、借入方法は振込キャッシングに限られるため時間に気をつけて申し込みをしましょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

実質年率 限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円

アコム

平日の14時までに必要書類をFAXで送信することが、アコムで即日融資を可能にする条件です。インターネットだけではなく自動契約機もあるため、来店ができれば土日祝日でも即日融資も可能です。また、30日間無利息がありますがプロミスとは違い初めての契約翌日からの適用となります。

 

実質年率 限度額 評価
4.7%〜18.0% 500万円

 

即日融資に欠かせないのはインターネット申し込み

インターネット申し込みは24時間受付をしています。ただしいつでも契約の可能性があるわけではありません。審査対応時間が決められており、その後の契約方法も変わります。

 

インターネット申し込みの最大の特徴は、時間を掛けないということにあります。多くの消費者金融ではインターネット申し込みで審査時間は最短30分ほどとなっています。

 

時間が短いばかりではありません。申し込みをして審査結果がすぐにわかるため、可決という契約への道が開かれた状態で契約に進むことができます。

 

つまり、審査結果がわかればその後の対応が変わるため、少しでも早く審査結果を受け取りたいのは即日融資のコツです。

 

インターネット申し込みは24時間対応ですが、審査対応時間はおおむね9時から21時までとなっています。

 

審査対応時間前でも申し込みはできます。そのため無駄な時間を使わずに申し込み手続きを済ませることができるでしょう。

 

審査時間が最短30分と短いため、まずはインターネット申し込みを済ませましょう!

 

審査結果を待つ間に借入方法を考えよう

審査結果がわかるまでには最短30分がかかります。その時間も無駄にすることはできません。なにしろ即日融資という今日中に借入をしなければならない状況にあるのであれば少しの時間さえ有効活用しなくてはなりません。

 

審査結果を待つ間に借入方法を考えましょう。なぜなら借入方法によって契約方法が変わるからです。

 

今の時間はどうでしょうか?

 

振込キャッシングも大手消費者金融であれば対応がありますが、時間制限があります。消費者金融の用意している銀行口座から、自分が用意する銀行口座に振り込みが行われます。

 

それが振込キャッシングです。

 

銀行を介して振り込みが行われるため、銀行営業時間にしか利用することができないという特徴があります。便利ではあるものの、時間の制限があります。

 

プロミスであれば平日の14時50分までが振込キャッシングの依頼手続き制限となっていますが、消費者金融の公式ホームページを必ず確認しましょう。

 

また借入方法は振込キャッシングだけではありません。契約後にカードの受け取りができればATMを使った借り入れができます。ATMであれば提携コンビニATMなど24時間借り入れが可能な状態になります。

 

今の時間を確認して借入方法を考えましょう!

 

借入方法によって契約方法が変わる

なぜ、審査結果の待ち時間に借入方法を検討したのかというと、借り入れる方法によって選択する契約方法が変わるからです。

 

振込キャッシングを選択した場合
インターネットでそのまま契約まで進みましょう。必要書類は専用アプリやカメラの画像送信で提出することができます。契約が完了するとすぐにでも振込キャッシングが利用可能となります。

 

ATMでの借入を選択した場合
審査結果を受け取ったら、自動契約機や店頭窓口に向かいましょう。大手消費者金融であれば自動契約機が全国に設置されています。公式ホームページから自動契約機のある場所を確認し、そこで契約をしましょう。

 

契約が完了するとその場でカードが発行されます。カードを使って、自動契約機に併設されているATMから借り入れができます。

 

消費者金融で即日融資が高い理由

消費者金融で即日融資も可能というよりも、銀行カードローンでは即日融資が難しいということをご説明しましょう。

 

今、銀行カードローンでは即日融資も可能という言葉をよく見かけます。しかし、実際にその条件を見てみると、口座を持っている方限定の方法であったり、収入証明書類を提出しなければならなかったりとさまざまな条件があります。

 

即日融資という言葉に惹かれて申し込みをしてしまったら、準備に時間がかかり、結局当日に利用ができなかったということにもなりかねません。

 

消費者金融は、年齢と安定した収入という条件がクリアできれば誰でも申し込みが可能です。

 

用意しなければならない書類も、基本は運転免許証だけとなっているため、申し込みのための準備が少ないという大きなメリットがあります。

 

急ぎの時こそ、選択肢を限定して考えなくてはなりません。消費者金融の時間をよく確認して申し込みをしましょう。